「机上の空論」主義者が希望的観測により賛否両論の「賛」に「駆ける」理想郷。

すべては、「めんどくさい」から解放されるために。


巻くのも合わせるのも面倒だ……ソーラー電波腕時計

ノックするのが面倒だ……自動繰り出し機能搭載「オートシャープ」

複数持つのが面倒だ……全部乗せ、オールインワンシステム


「画期的で最強じゃないか!!」

そういって、男は「その夢のようなアイテム」を手に取ってきた。

「何故だ、そうじゃない、時代が俺に追いついていない!!」

そうして、男は幾度となく期待に裏切られ絶望してきた。

ソーラー電波腕時計だけは正解。オートシャープは書き味の問題でサイドノックのほうが総合的に上。シャチハタ+ボールペンは重すぎて実用にはちょっと。デスティニーケータイ及びデスティニースマホはそもそもそんなに機能いらなかった。マウス+テンキーは製品の完成度の問題で使い物にならなかった。レコーダー搭載ノートパソコンはストレージ共有の時点で厳しい。メンテナンスフリーのベルトドライブ自転車は試してないけどどうなんだろう。


男の夢は、再び灯をともす。


ダイヤル式(ワイヤー締め上げ式)のトレッキングシューズほしい。

mont-bellでラインナップにあるんだよな。BOAというリードアジャストシステムを搭載してる靴がいくつか。
ネット上で評判をみると、賛否両論があるんだけど、俺は賛を信じたい。
無名メーカーならあれだけど、mont-bellから出てるなら、そこまで無責任な製品はないと思うし。
価格帯も二万を切るくらいで、予算感としてもちょうどいい。
筑波山くらいならスニーカーで行けるだろうけど、ほんとに登山靴買うなら、このシステム搭載のを使ってみたいな。

mont-bell以外だと、アルペンとかその他メーカーからも出てるけど、ちょっとデザインにしろ、ネームバリューにしろ、信頼性にしろ、ちょっとね……。買うなら、その道の人が御用達なアウトドアブランドがいい。


ちなみに、スニーカーだけど、一昨年くらいに見かけたけど、まったく情報がなかったから幻覚かと思ってた、プーマ製のダイヤル式スニーカー、やっぱりありました。その名も「ディスクブレイズ」(かっこつけててかっこわるい←)。平成初頭に流行ったのね。出自としては、Reebokのインスタポンプフューリーとかに近いのか。そして、思った。インスタポンプフューリーもそうだったけど。これ、普段使いのスニーカーとして、かっこいい……か?いやむしろ、かっこわる……い?(怒られる)
登山靴のように、ごちゃごちゃしてる方がかっこいいっていうアイテムならいいけど、タウンユース考えたら、ぶっちゃけダサくない? まぁ、インスタポンプフューリーとかも俺が好みじゃないだけで、市場的にはかなり売ってるから、きっと「あれで正解なんだ……!」なんだろうけど。


そして、続くスニーカーの話。

遂に!!

new balanceのカスタマイズが日本上陸しました!!ありがとうメリケンさん!!

これで、真のフルアーマーガンダムスニーカーが作れる!!


そんなこんなで、今の物欲(靴)

mont-bellのBOA搭載リードアジャストシステム登山靴と、new balanceのカスタマイズスニーカーNB-1が欲しい!!

合わせて五万くらい。たぶん買わない。