基本的なスタンスが舐めプ。

今週はカレンダー的に3連休。

3日連続で妻の実家に行き来している。

昨日は、実家の協力によって、少しの時間だけど久しぶりに妻と2人きりで出かけることができた。ちょっぴりおしゃれなレストランでランチを食べた。

f:id:takahana23333333333333333333333:20180916221901j:plain

そのあとは結局、必需品の買い物で時間切れになってしまったけど、久々に2人で出かけられてよかった。たまーにでも、こういう日があるといいな。毎日がいとおしくなる。


ここのところ、仕事が忙しい、大変だ……と言ってはいるが、なんだかんだまだ大丈夫。というか、「毎日日付が変わる頃まで遅くまで残って、土日も平気で出勤して」……そこまでして初めて「忙しい」とか「大変だ」がホンモノになると考えているから。そして、そのレベルに達したのは、この10年、あとにも先にも、3年前のあの日々だけだ。それ以外は、少なくとも「夜も休日も関係なしに出勤するレベル」ではない「忙しさ」やら「大変さ」だから。本気で大変なら「夜でも土日でも、帰ってないで休んでないでやれば?」という。 もちろん、あくまでも「物量的な」大変さの話だけれど。「内容の質的な」大変さは、年に数回のレベルである。時間的な問題ではなく、攻略難易度の問題で。これは、逃げたくなる。

そんなわけで、それでも物量的な忙しさがそれなりにあるわけなので、後々地獄をみることにならぬよう、今日と明日は自主出勤。手を動かせば終わる、細々しくも膨大な物量を誇る些末な雑事だけでも、少しでもやっつけられればと思って。

しっかし、今日はやる気できなかった。まぁ、数%でも前進はしただろうし、だらだらしながら聖杯探索してるよりは良いんだろうけど、まったくと言っていいほど捗らなかった。
午後の4時間かけて、来月の研修会の準備(名刺を印刷しただけ)と、評価処理たった1件(それも小物)と、机の引き出しの整理(しかも私物エリアを少しだけ)くらいしかしていない。

何故かなと思うと、まぁ、ほかに誰もいなくてだらだらするにはベストな環境だったのもあるけど、やっぱり、やることをイメージできなかったこと、工程を設計できなかったことが原因かなと思う。
何をやるか、決めてから行けばよかった。いや、なんとなくやらなくちゃのイメージはできてたんだけどね。今回学んだのは、「テンション高いとき用のやりたいこと」と「テンション上がらないときの無心でできる作業」の2パターンを用意したほうがいいと言うことだ。やるべきことをやろうとしても、テンション上がらないと捗らなくて時間の無駄になるから、そんなときは優先順位が多少前後しても、そのときのテンションでも最も捗るであろうレベルの作業でもしていたほうが、トータルでは最適解な気がするからだ。

そんなわけで、明日もたぶんテンション上がらなそうだから、眠くてもできる評価計算とか処理入力とかをやろう。
テンション高ければ、高度なやつやろう。資料つくったり判例しらべたり。


まぁ、征服王の育成とかもあるんだけどね笑