よくよく考えると、学生も大変だよな

おはようございます。昨日に引き続き、東京研修2日目の朝。
4日間、泊まってしまえば楽なんだろうけど、1日たりとも家族と離れたくないので、頑張る戦士。
今日は会場は同じだけど、時間が一時間早いので、出発も同じく前倒し。おかげで、昨日よりは少し混雑ぐあいはマシかなーと。といっても、まだ6時台だっていうのに、120%レベルの乗車なんだから凄いよな。明日は横浜でさらに早いので、少しマシだと良いのだけれど。
昨夜は17時に終わって19時過ぎには帰ってこられた。今夜は夜に明日の実地の作戦会議兼情報交換会という名目の懇親会があるので、(途中で退席するつもりだけど)一時間くらいは後ろ倒しになるかなと予想。19時前に出られれば御の字といったところか。

朝から大勢の社会人や学生を見かけるけど、参考書片手に満員電車に揺られる(あの車内で書籍やスマホを手にできるのはみんな凄い)高校生を見ると、学生も試験に課題に大変なんだよなと思い出す。学生は楽しそうでいいな、なんてついつい思ってしまいがちだけど、彼ら彼女らも大変なんだよな。次から次へと試験やら課題やら。いろんなプレッシャーもあるしね。そう考えると、我々大人と同じなんだな。足元が安定して先が見える大人のほうが、ある意味、楽な部分もあるのかもしれない。未来が確定してないのは不安だからな。それに、大人のほうが行動の自由度もあるしね。
だから、俺もめんどくさがらずに処理を頑張ろう。

まー、まずは今週の研修だな。昨日の総論概論を踏まえて、今日は評価計算技術の勉強だ。